資産に対する考え方


 

こんにちは、ただしです。

 

更新頻度を少しづつ上げていきたい今日この頃です。

今回の内容はAmazon輸入を実践している人は必見です。

 

 

 

 

さて、資産についてみなさんはどのようにお考えでしょうか?

現金?土地?宝石?

いろいろあるでしょう。

 

楽して楽しく生活を送りたければ送る方法というのが現実に存在します。

もちろん、それなりの準備が必要ですが。。。

しかし、毎日カジノも飽きるでしょうし、数か所のビーチを回ればそのうち仕事したくなるんじゃないかと思います。

ほとんど確実に資産を増やす方法というのは存在します。

みなさん知らないか、資産に対するとらえ方が間違っているため正しく資産が増やせないのだと思います。

この方法さえ知っておけばどうやったって資産は増えます。

様々な本を読んできた私が思う、現時点(2016年8月)のベストの方法です。

 

現金持ちと資産持ちの違い

まず、お金持ちを現金持ちと資産持ちに分けます。

・現金持ちとは、文字通り現金(キャッシュ)をたくさん持っている人です。

・資産持ちよは、資産を多く持っている人です。

どっちのお金持ちを目指すべきかといえば絶対資産持ちです。

 

現金持ちがなぜだめか?

・通貨は変動しているため、価値が変わる。(目減りがおきやすい)

いくら円で数億もっていたとしても日本が戦争にでもなれば一気に通貨が安くなるため、

資産が一気に目減りします。

また、国の政策(円安誘導)によっても資産が変動しますし、長期的なインフレは続いているのでどうしても銀行に預金として預けているだけでは気づかずに価値は下落しています。

 

 

・使い方が下手である。(銀行や投資信託で増やすぐらいしか考えない)

銀行に貯金しているだけでも実はお金を「使っている」ことになります。

銀行にお金を貸しているわけです。

リスクが0に近くお金を増やせるのが預金金利だと言っても良いでしょう。

そのかわり金利は髙くても0.2%ですが。。。

月収は高くなくて良い?

お金持ちになりたがる人は月収を上げようとします。

月収でお金持ちかどうか判断するのは間違いです。

月収200万円でも支出が210万円ならば、単純に赤字です。

月収20万円でも支出が18万円なら黒字といえます。

月収がいくら多くとも何にお金を使っているかで今後の資産が変わってきます。

いくら稼ぐかよりはいくら何に使うかがとても重要です。

使い方が下手であれば資産持ちにはなれません。

貴族に学べ

毎月の支出を何に使っているかがとても重要だという話はしました。

では何に使えば良いの?

資産価値が維持されるもの。資産を生み出すために必要なもの。

これにつきます。

 

数百年貴族が貴族で居続けるのは資産持ちだからです。人脈という無形の資産、土地、権利。

私はその中でも無形資産がとても重要だと考えます。だれにも奪われないし、目減りもしません。教育も無形資産といえるでしょう。

 

毎月の支出を何に使っているのか是非検討しましょう。

お金の使い方だけでなく、時間の使い方

支出だけではなくあなたの生命時間を何に使っているかも検討しましょう。

安定が欲しいためだけにしかたなく会社に在籍していませんか?

生命時間に見合うだけの報酬ややりがいを得ているといえるでしょうか?

自分の時間を売って給料を得ています。そこは時給制のバイトだろうが正社員であろうが違いはありません。

 

お金の使い方さえうまくなれば、月の収支がトントンで貯金が増えていないとしてもあまり気にする必要はありません。

なぜならあなたには資産が残っているからです。知識、教養など何より減りませんし知識そのものがキャッシュを生み出したりします。

ただ、もちろん知識の内容も重要です。資格をとるためだけの勉強になっていてはとてももったいないです。

 

似たような記事を書いてますが、他の記事も参考にしていただけると私の言いたいことも伝わるのかなと思います。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です