自家製ビールのはなし


最近新たな趣味ができました。

自家製ビールです。

 

豊かな人生に楽しい趣味は必須です。

 

今まで2回つくりました。

 

 

 

最初はヴァイツェンを

初めて作ったビールはヴァイツェンです。

なんでヴァイツェンか?

音の響きがカッコよかったのと、日本で多く飲まれているピルスナーを作ってもつまんない

と思ったからです。

 

ちなみにヴァイツェンとは?

Wikipediaによると

ドイツ地方で造られている白ビールであり、大麦麦芽と小麦麦芽で造られる。フルーティーな香りを持ち、ホップの苦味は少ないことが特徴である。

らしいです。

ちなみに麦芽とはまたまたWikipediaによると

大麦の種子中には不活性の糖化酵素アミラーゼ)が多量に含まれており、発芽によって酵素が活性化される。これによって、種子中の澱粉質糖化され麦芽糖が生成される。

まあ、大麦や小麦の糖を出しやすくするために発芽させた。

という理解でいいと思います。

 

初めてなので何を用意していいかわからず、ネットで自家製ビールスターターキットを注文しました。

BIAB(Brew in a bag)という割と道具がいらない方法で作りました。

詳細は別の記事にします。

 

ビールができる原理

趣味の世界において、何か新しいことを始めようと思っても何から手をつけていいかわかんないですよね。

大体知識があることを前提に説明されてたりします。

 

最近やっとビールについて少しわかってきたかなと感じるので

ヴァイツェンを例に説明します。

お湯に糖分を溶かします(大麦麦芽と小麦麦芽など)→甘い液体(麦汁)ができます→甘い液体(麦汁)に酵母(エールイースト)をいれます→酵母が甘い液体を食べた後の排泄物がアルコールと二酸化炭素(発酵)

 

以上!!!!

我々は酵母の排泄物を楽しんでいるワケです。

すごくおおざっぱに言うと上記のような感じでビールができます。

(途中にホップをいれる過程はありますが原理上必須ではないので省きました)

 

 

大麦麦芽と小麦麦芽→大麦麦芽のみ、大麦麦芽と焙煎した麦芽

としたり酵母の種類を変える

ホップの入れる種類、タイミング、量を変える

これによってビールの種類が決まります。

 

ですので、ビールの作り方の基本は上記の例でおおよそ間違ってはいないはずです。

 

 

ビールは液体のパンといわれるゆえん

パンの製造も大体こんな感じですよね。

小麦粉を水でこねる(甘いエサをつくる)→酵母(イーストをいれる)→酵母がエサを食べて排泄物をだす(発酵)→焼く

 

要するに、酵母のエサを用意し、食べやすい環境を作り、ちゃんと排泄物をだしてもらう。

発酵食品すべてに同じことが言えると思います。

 

 

※多少の説明のすっとばしや誤解があることはご了承ください。

 

アルコール度数を決める方法

アルコール度数は麦汁に含まれる糖の濃度(酵母のエサの量)できまります。

エサの量が多ければ排泄物も増えます。あたりまえですね。

なので、アルコール度数を調整するにはお湯の量を変えずに、麦芽の量を変える。

または、お湯の量を変えて、麦芽の量を変えない。

 

趣味としての自家製ビール

あまり、日本ではメジャーな趣味ではない(おそらくアルコール1%以上の自家醸造が違法なため)ですが、アメリカなどで人気なのは頷けます。

 

色々材料を変えたり、やり方を変えたりすることで楽しみの幅が広がるので楽しいですよ。

 

アメリカだと市販のビールに似せるためのレシピをみんなで投稿できるサイトがあったりと

https://www.brewersfriend.com/

趣味として人気が高いです。

僕は、2回目の醸造はギネスに似せたDry Irish Stoutを作りました。

 

自家製ビール作りに結構ハマってしまったのでまたブログで書こうと思います。

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です