葉巻とパイプと社長


 

こんにちは、ただしです。

 

今回は葉巻とパイプについてお話します。

ただの趣味の話です。

 

 

 

突然ですが私の趣味のひとつに葉巻とパイプがあります。

どちらもいわゆる「タバコ」ですね。共通店としては天然のタバコの葉を使っているということです。

 

最近の嫌煙ブームはひどいものがありますね。

しかし、紙巻きタバコを吸わない私からしたら別に喫煙スペースが減ろうが全く関係ありません笑

むしろ紙巻きタバコの匂いが嫌いです。

ここでいう紙巻きタバコとは日本で一般的なメビウス等のコンビニや自販機で買えるものをいいます。

手巻きタバコなるものもあるそうですが詳しくないのでよくわかりません笑

 

なぜ時間もお金もかかる葉巻やパイプを吸うのか?

ただ、旨すぎるからです。ドーパミンがドバドバでるのがわかります。しかし、依存性は全くありません。

ひと月吸わないこともざらですね。

紙巻きタバコの作り方や禁煙にかんしてはこちらの本が詳しいです。

苫米地英人氏の禁煙の本です。

 

ここでひとつ疑問が。 紙巻きタバコは驚くほど依存性がありやめたくてもやめられず禁煙外来なんてある始末です。

 

しかし、葉巻やパイプスモーカーには吸わないときのイライラなんてほとんど聞きません。

なぜか?

 

紙巻きタバコにあって葉巻にないものは何でしょう??   

 

 

タールでしょうか?でも調べるとタールは発がん性物質ではあるそうですが、依存性はなさそうです。

では違いは何か??

どうも天然ニコチンか人工ニコチンの違いが依存性を引き起こしているようです。

まとめます。

  ニコチン タール
葉巻、パイプたばこ 天然ニコチン なし
紙巻きタバコ 人工ニコチン、添加物 あり

 

 

短時間で吸える紙巻きタバコは楽にストレス解消ができるかもしれませんがそのかわりに依存させられ

健康に悪いものを取り入れることになってしまっているということは頭にいれておいてほしいです。

 

仕事中にこそこそタバコ休憩に行くよりは社長になってどかーんと1時間くらい葉巻をくゆらせる

時間を作りたいものですね。

 

私もサラリーマンゆえ、土日くらいしかそんな時間とれませんが笑

 

 

 

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です